火の見会


●-●-●-● ●-● 火の見櫓サミット プロフィール ●-●-●-● ●-●
ダニエル・カールさん(基調講演),網代守男さん(写真家),パネリストのみなさん(シンポジウム)の紹介


▼網代守男▼
1932年東京生まれ。千葉大学短大写真科、東京理科大学化学科卒業。日本放送協会(NHK)で、ニュース
および「自然のアルバム」「新日本紀行」などを撮影。写真集に『火の見櫓・望楼のある風景』『火の見
櫓紀行』(光村印刷)ほか。


▼ダニエル・カール▼

1960年アメリカ・カリフォルニア生まれ。高校時代に交換留学生で奈良県に滞在。大学時代に大阪、
京都、佐渡島で日本文化にふれる。大学卒業後、文部省英語指導主事助手として山形県に赴任。現在、
東京で翻訳・通訳サービス会社経営。好奇心の旺盛な性格と、バイタリティあふれる行動力、ユーモア
豊かなサービス精神で、ドラマ、司会、コメンテータなどで活躍中。著書に『オラが心の日本アメリカ』
(日本放送出版協会)、『ダニエル先生ヤマガタ体験記』(集英社文庫)ほか。


▼後藤春彦▼
1957年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学院修了。工学博士。現在、早稲田大学教授。
専門は地域計画、景観論。日本地域開発センター理事、日本学術会議都市地域計画研究連絡委員会委員
などを歴任。著書に『まちづくり批評』(ビオシティ)ほか。論文に『「火の見櫓」の都市デザイン的
意義に関する研究』(第一住宅建設協会)などがある。


▼鳥越けい子▼
東京生まれ。カナダヨーク大学芸術学部修士課程修了。東京芸術大学大学院音楽研究科修了。博士
(芸術文化学)。現在、聖心女子大学教授。専門は音楽学、サウンドスケープ・デザイン。聴覚を切口
に、まちづくり、環境デザインから環境教育に至る各種のプロジェクトを手掛ける一方、日本各地の
音文化の調査研究を行っている。著書に『サウンドスケープ・その思想と実践』(鹿島出版会)ほか。


▼薗田達夫▼
1932年生まれ。農林業に従事。1953年以来37年間消防団活動。元消防団長。1981年より1997年まで
町議会議員。この間に副議長、議長を歴任。現在、森林組合おおいがわ理事、新大井川非出資漁業協同
組合理事。中川根町まとい会会長。


▼寺崎喜三▼
1934年生まれ。元群馬県職員。県・市町村の税財政、消防、地域振興、高齢化対策、福祉等の仕事に
携わる。1996年、富岡市助役となり1999年退任。現在、「自遊工房」主宰としてまちづくり塾の運営
などを行っている。


▼土屋和男(コーディネーター)▼
1968年東京生まれ。工学院大学工学部建築学科卒業。芝浦工業大学大学院地域環境システム専攻修了。
博士(学術)。現在、常葉学園大学講師。専門は建築史、都市形成史。著書に『都市デザインの系譜』
(鹿島出版会)。有志と「火の見櫓からまちづくりを考える会」を結成し事務局長。



ヤ火の見櫓サミットTOPへ
▲プログラム
▲プロフィール
▲会場のご案内,宿泊のご案内,お申し込み,お問い合わせ
▲中川根町のHPへ
▲大井川鉄道のHPへ:時刻表

火の見会
Copyright(C)
TSUCHIYA Kazuo
Tokoha Gakuen University
Faculty of Art and Design